1. ホーム
  2. 確認申請について
海上コンテナを使用した建築物に関する国土交通省の公式見解
コンテナハウス(海上コンテナを使用する建物)の違反対策
コンテナハウス等の国土交通省の行政機関の対応としては、
海上コンテナ等を利用した建物についての取り扱いは (平成元年7月18日住宅指針発39号)
現在までに多くの行政指導が行われました。
現在では規制強化へと取り締まりへと働きを掛けており、
海上コンテナを使用した建物の取り扱いについて
(平成16年12月6日付け国土交通省住宅指針第2174号)
各都道府県建築主務部長を名宛人として、既に設置されているコンテナハウスについても
建築基準法に適合していない場合には違反建造物として行政より処分を科せられる内容となり、
この度、新たに出されたコンテナ等を使用した建造物に対する違法建築物の徹底することについて
(平成26年12月26日国土交通省住宅安全第5号)
この内容を受ける形で同名宛人対し具体的な違反内容を提示した上でその行政指導を徹底し
規制強化の取り締まりが強化されました。

コンテナハウスの現状
平成16年に国土交通省より発表されたコンテナを使用した建造物の取り扱いについて
【平成16年12月6日付国土交通省住宅指針174】
各都道府県主務部長名宛人として、既に設置されているコンテナハウス等についても
建築基準法に適合していない場合には違法建築物として必要な処置を取る内容となっています。
(行政処分)
また、建築確認を取得する場合は、管轄の土木事務所及び建築指導課、並びに消防署などとも
事前協議が必要となり確認の承認を得ることが必要です。
建築確認を取得していないコンテナハウスの大半は構造計算等していない確率があり
災害に対して基準法を守らないものが多いことから安全は保障できません。
株式会社C-BOX